会社紹介

2017.03.01

今日は何の日? 3月1日は切抜の日!

1890年(明治23年)3月1日に日本で初めてのクリッピング会社「日本諸新聞切抜通信」が発足しました。
それを記念して毎年3月1日は「切抜きの日」として登録されています。

 

内外切抜通信社は新聞雑誌、WEB、TVなどの膨大な情報の中から、
必要な情報を「切り抜き」、分析する会社です。
検索システムで調べるのではなく、調査員が目で読んで調査をしています。

 
不思議な仕事?
ベストセラー「最強の読み方」で紹介!情報収集のコツ
キュレーションに必要な力
内外切抜通信社の秘密

 

「一に時勢を知り二に自己の名誉信用を維持する、此社会に業を営む人々の須更も怠る可からざる所ならん、
時勢を知ると信用を維持するの機関、即ち新聞紙にして一日新聞紙を讀ざれば一日の時勢に後れ
又一たび新聞紙に我名誉を損するの記事を載らるれば直に夫だけの信用を失ふ、
故に新聞紙を閲読するは何人も必要とする所なり。(中略)切抜の通信に拠りて必要の事件を知り、
時勢に遅れざるを得、又自己の信用を維持するを得る」

 

日本諸新聞切抜通信の設立趣意書には上記の文言があります。

 

100年以上前、当時の人々は人間が実際に新聞や雑誌を読んで調査を行っていました。
100年以上経った今も、当社では人間が実際に新聞や雑誌を読んで調査を行っています。
なぜならば、人間で行うことでしか到達し得ない質と量を獲得するためです。

 

内外切抜通信社を支えるのは、人間の力です。
私たちは人間の力を活用するノウハウを、他の分析業務にも応用することで、業務を発展させてきました。

 

日本初のクリッピング会社である日本諸新聞切抜通信が設立されてから100年以上の時が流れ、
テレビやインターネットといった新しいメディアが登場しても、
私たちが目指すところは日本最初のクリッピング会社と変わりません。

 

100年後も私たちは、人間の力を活用し、世間に溢れる情報を収集・分析することにより、
世の中の動きを知り、信用を維持するためのお手伝いをする企業として活躍していると確信しています。

written by naigai

PAGETOP